2008年01月21日

「はんつけ半次郎」第三回(あるあわて者の話)村山方言版

第三回

半次郎は自分のはんつけさが腹立ってきて、ごしゃぎながら家さ帰ってきた。
おがちゃは、ちょうど裏の川で鍋洗いしったけど。天気もいいし、おがちゃは鼻歌歌いながら鍋洗いしてる。ほいずば見つけだ「はんつけ半次郎」は、自分が遭ったさんざんなめのごどもしゃねで、呑気に歌うたっているおがちゃば見で、腹の虫がおさまらねぐなってしかたね。ほこで、後ろからぬきあしさしあし、そっと近づき、おかちゃの背中ば、思いっきり手で押したけっど。
おがちゃは不意をつかれて、思わず川の中さどんぶりとはまってしまって、「助けでけろ」って大声でさなっていだけど。
ほの声ば聞いだ半次郎は、なんか変だぞ。おらいの家のおがちゃの声にしては、ずいぶん若い気がする。あれっていうごどで、川さはまっている女ば見っど、あれまぁ、隣の家の嫁子であった。
半次郎はきまり悪くて、隣の嫁子ばほっておいで、さっさど家さはいって布団かぶって寝でしまったけど。
(とんだ、はんつけしてしまったもんだ。明日の朝、一番に隣の家さいって、あやまらんなねな、こりゃ)って、布団のなかがでおもったけど。
次の朝、半次郎が目ばさましたけど。
半次郎も自分のはんつけにあきれるほだっけげんとも、まず、隣さいってあやまらんなべな。ほしたら、顔洗ってがらが、って、裏の川さいってみだれば、あんばいよぐ、隣の嫁子、洗濯しったけど。
半次郎は「きんなはどうもすまねごどしてしまったけなっす。どうが勘弁してもらわんねべが、って、土下座して、額ばつちさこすりつけあやまったけど。
ほうすっど、隣の嫁子、クスクス笑っていだっけど。
何か変だぞ。
半次郎はそっと頭ばあげで、嫁子ばみっずど、その人は、自分の家のおがちゃだけど。
まんず、半次郎のはんつけは、当分、直らね。いやぁ~、一生直らねがもすんえど、本人も、家の人だも、あきらめだっけどは………
           どんびん、さんすけ、ねぇっけど  おしまい
  


Posted by ほんねず at 09:23Comments(0)笑い話

2008年01月20日

「はんつけ半次郎」第二回(あるあわて者の話)村山方言版

第二回
山寺さついだのは昼過ぎだっけど。
「はんつけ半次郎」は、まんず、寺ば拝んで願掛けさんなねどおもい、本堂の前で、賽銭箱さ財布ごと投げ入れだ。ほして、手ば合わせで、よっくど願掛けした。
これで安心、おれのはんつけも直してもらえる、っておもった途端に、なんだが腹へってきて我慢さんねぐなって、賑やかな門前をあるぎながら、もう一つの財布ば手にして見だど。ほうすっどなんだが軽いような気したけっど。こりゃ、変だ。さっそく、中ばあらためで見っど、十文しかはいっていね。
ありゃ、間違えでしまったって言うんで、あわてで本堂さもどって、坊主ばさがして、これこれしかじかじかだがら、おれの九十文かえしてけろって頼んだど。
ほんでも、ほだな話とおるわげねぇべしたん。
坊主は笑って、とりあわねっけど。
しょぼくれで、門前ばあるいでいったけど。
朝飯もかねできたもんだがら、もう腹へって、腹へっては、あるぐのもおぼつかねぐなったけど。
ちょうどほさ、まんじゅう屋あったけど。どれでも十文だっけど。店先さひときわおっきいまんじゅうかざってあんのば見つけだ「はんつけ半次郎」は、ふところがら財布ばだしてそのままおぐど、そのひときわおっきいまんじゅうばつかみ、外さではったけど。
うしろから「おぎゃぐさぁ~ん」って、店のものの声きこえできたがら、おっきいまんじゅうは、十文でねくて、もっと高いものでねべが、こりゃこまったどおもい、つかまったら大変とばかりに、急いでにげだしたんだど。
がだがだはしって、ようやく川原のあだりまできて、追っ手がいねのばたしかめで、ほっとしてあんばいのいい石ころさこしかけだけど。
ほして、ふところがおっきいまんじゅうだして、がぶりどかぶづいだっけど。
ほしたら、口のながじゃりじゃりってほいずはしぁますしたけど。
ほのまんじゅうは土で作った看板のまんじゅうだっけのだな。
「はんつけ半次郎」は、ほんてんはんつけやろなんだけな。
                                            つづく  


Posted by ほんねず at 08:32Comments(0)笑い話

2008年01月18日

「はんつけ半次郎」第一回(あるあわて者の話)村山方言版

第一回
毎日、雪ふって、冬は村の衆も、すっこどなくて、毎晩、だれがの家さよって、酒呑んだり、茶飲んだりして、ときに唄い、ときに踊り、また下品な猥談や、世間話、とんと昔など語り合い、憂さを晴らして、少ない楽しみとしていた。

♪千歳山からナァー 
紅花(こうか)の種蒔いたヨー(トシャンシャン) 
それで山形 花だらけ(サァーサァツマシャレ ツマシャレ)

♪花を摘むのもナァー 
そもじとならばヨー 
棘(いらか)刺すのも 何のその

♪花の六月ナァー 
それ来た咲いたヨー 
摘んだ花から 恋が出る

権兵衛のおかぢゃ、いや~ぁ、いづきいでもよ、いい声だな。
まずほれ、一杯と、唄い終えたおかぢゃさ、隣の松屋のおかぢゃが酒をつぐ。
あら、すまねごど。
どうだい、今度は、田吾作ぢんちゃ、とんと昔、ひとづたのむず。
んだが、ひとづやっか。
田吾作ぢんちゃは、湯飲みの酒をあおると、手でくちばぬぐい、エヘンと咳払いひとづしてから語りはじめだ。

とんと昔、あったけど。
隣の村の話だず、なぁ、ほれ。
一人のバガ息子いだっけど。ほの息子、名は「半次郎」、あだ名は「はんつけ半次郎」って、言ったけど。
「はんつけ半次郎」は、あわて者でひょうばんだっけがら、よ、こだな話になったけのよ。

「はんつけ半次郎」が、ある日、明日、山寺さお参りいぐがらって、おがぁちゃさ言って、あだらしぃ手ぬぐいど、花染めのフンドス用意してもらったけど。
花染めフンドスっていうのはな、紅花で染だ越中フンドスのごどだべつねぇ。んだげど、おらいままでよ、紅花で染めだフンドスなんてみだごどもねぇげんとも、よ。
いやぁ、ほいずは赤フンのこどだべつ。
桶屋のおやじが酒焼けした赤い顔してあいのてへっだけ。
んだ、んだ、カンタンに言うど、赤フンだべつね。桶屋のおがちゃ。桶屋のおやじはおがちゃの赤い腰巻のおさがりば、フンドスにしてんであんめぃし、なっ、おやじ。
桶屋のおがちゃが、赤い顔して、おらぁ、ほだなごどしゃねっちゃ、って言ったけ。
ほだが、しゃねっちゅうんじゃしょないな。
ほしたら、「はんつけ半次郎」のおがちゃ、なして急に山寺お参りいぐ気になたがってきいだけど。
おら、村の衆から「はんつけ半次郎」なんてバカにされんの悔しくて、おれのはんつけ直るよう、山寺さ願掛けしてみっべどおもってよ。
「半次郎」お前、お前……… って、おがちゃ、ほいずばきいで涙ば浮かべでよろこんだ。
んだが、「半次郎」おら、こだいうれしごどねぇ。
よーし、手ぬぐいど花染めのフンドスでいいなだな、ちゃんと用意しておぐがら。あど、お賽銭と、小遣いもな。賽銭は十文。小遣いは九十文。別々の財布さへっでおぐぞ。ちゃんと間違わねようにな。
わがっだ、おかちゃ。おら間違わねず。

ほして夜になって、「はんつけ半次郎」は、あしたのごど考えはじめでよ、はやぐ、明日にならねべがど思って、こりゃ眠ってなんていらんねって、一晩、まんじりともすねで起きだっけど。
ほうすっど、トトコがおっきな声で、「コケコッコウ」って、鳴いだもんだがら、さっさど顔洗ってではっていたっけど。
首から手ぬぐいかげで、おおげさにしりぱしょりして、やぐだい(わざと)フンドス見えるようにして、肩で風きってさっそうと山寺街道ば、あるいでいったけど。
すれ違う人、すれ違う人、みなふりむいで、「はんつけ半次郎」ば見だけど。
桶屋のおかちゃ、なしてだどおもう?
あら、なしてだべ、おらわがらね。
んだが、わがらねが。ほいずぁよ、「はんつけ半次郎」のフンドスが、花染めのフンドスでねくて、こんきたなねぇ、しょんべんまみれ、くそまみれのボロフンドスなんだけど。
つまりぁよ、あさ家ではっどき、おがぁちゃせっかぐ用意してけっだけフンドスさきがえねで、きんなのまんまではてきたっけのだなね。ほんでもじぶんは、花染めのフンドスはいでめかしこんだかんじょうで、すそっぱしょりして見せびらがしてあるいでいだんだど。
ほんてん、こまった「はんつけ半次郎」だづほれ………

                              つづく
  


Posted by ほんねず at 14:37Comments(0)笑い話