2007年10月30日

「貧乏神の逆襲」 (山形県)予告編

ちぇっ、つまらねぇ。なんで俺は貧乏神なんかに生まれたんだ。親を恨むぜ。いや、世間だ。俺も神だと言うのに、世間の奴らの仕打ちはあんまりと言えばあんまりじゃねぇか! もうちょっと崇めてくれたって罰は当らねぇはずじゃねぇか。俺にだって、貧乏神の意地がある。今に見ていろ。それにしても腹が空いたな。あれ、雨だ。今朝から雲行きが怪しかったよな。
ピカッ! 雷もなりだしちまったよ。えっ、どうしよう。この辺に、俺が住めそうな家はないかな。まぁ、雨宿りが出来りゃありがたいって言うもんだが……。
 おお、あそこの家。茅葺の屋根にはぺんぺん草が生繁っていて、障子も破れ放題。蜘蛛の巣なんかもいいあんばいにはっている。
 どれどれ、中を覗いて見ようか。
 中には火のない囲炉裏があった。自在鍵に鍋がかかったまま。しめしめ、食い物だ。この家なら俺にもってこいではないか。やっと運が向いてきたかな。
 抜き足、差し足、忍び足。誰にも気取られてはなるまい。そっと、勝手の戸をあけて、土間から囲炉裏へ真っ直ぐ向かい、鍋のふたを開けてがっくり。鍋は空っぽ。縁にこびりついた粥が、ガワガワと乾いているだけ。
 ちょうどそこへ、酒に酔った若い男が帰ってきた。
 あっ、と思った貧乏神はすーっと天井裏に隠れた。
 若い男はそのまま奥の部屋に上がり、仏壇の前に座ると、鈴(リン)を一つ鳴らした。しばらく肩を落としてそのままじっと、何かをこらえるように拳をひざの上で握り締めている。目には泪がにじんでいるようだ。
「おっ父、おっ母、なんで死んだんだ! 俺一人でこれからどう生きていけばいいんだ。なぁ、おっ父、おっ母。頼むから、何とか言ってくれ。」
 だが、誰も何もこたえてはくれない。若い男はこらえきれずに、その場に突っ伏した。
どのぐらいの時間がたったのだろう。少し落ち着きをとりもどした若い男が、まだ酔いが抜けていないようで、足取りもおぼつかないまま、囲炉裏の脇に戻り座った。
 鉄瓶に直に口をつけると、水をぐびぐびと飲んだ。そして、そのままごろりと横になりいびきをかきはじめた。
「なんとまぁ、だらしねぇ。いい若い者が昼日中から、野良にも出ないで酒かっくらって高いびきとは。こういう家なら俺の住む家に相応しい。当分厄介になるか。」
さて、気になるのはあの仏壇だ、どれどれちょっと… 貧乏神は仏壇の前に座った。
真新しい位牌が二つ仲良く並んでいる。
この家の二親は、去年の流行病であっという間にあっけなく逝ってしまった。
仏壇にはお供えが山盛り… 柿に、栗に、煎餅に、饅頭に、あんころ餅、酒まである。これは近所の村の衆が、入れ代り立ち代り、お参りに来て供えて行ったものなのだ。
貧乏神は目をぱちくり、こりゃ旨そうだ。さっそくむしゃむしゃぱくついた。
ふーっ、食った。食った。腹一杯になったら、俺も少し眠くなった。どーれ、と言って、貧乏神は天井裏に上り、眠りについた。  続きを読む