2007年11月25日

笠地蔵2 (庄内-方言版)

第二回 (全二回)

「ばさま、帰ったぞ…」
「あれ、まぁ、こうでな(大変な)雪ではんで」と、ばさまはじさまの雪っこはだぎながら、背中さ回ったど。
「じさま、じさま何がいい品、買って来てけだが」
「いや~っ、すまねぇのぉ。」
「なじぇしたのや?」
「実はのぉ、道ばたの地藏さま、雪でさんび(寒い)そうでな、わ(私) めじょげねぐって、つい、売り物のすげ笠、お地蔵さまさつけでやったけ。」
「………」
「いや~っ、すまねぇがった。」
「しぇば、なしてほだなあっちぇくせごどば……
「んだたて………地蔵さまが………。」
「なんぼ地藏さまめじょげねぐっても、晩げは年越し、明日は正月だぁ。おらえの神棚さも仏壇さも、何もお供えするものねぇってのに。」て、 ばさま文句たらたらだっけど。
ふだん、信心深いばさまだっけども、こう言うどぎは、手つけらんね。
じさまはしかたなく、黙って布団さもぐって寝だっけど。
ばさまもそっぽむいで寝だっけど。

……間……

さで、夜中になった。
なんだが外でがさがさ音すっけど。
「昼間のじさまの家どごだっ?」て、声すっけど。
「ここだ。ここだ。」 って言うずど、戸口あける音したど。
「どすん。どすん。」て、今度ぁ、何が落とす音したっけど。
つんぎに戸口しまって、さっさど行ってしまったけど。
じさまどばさま、寝床で顔見合わせで、じさま行って見ろ、いや、ばさま行って見ろ、って、おだがいおっかないもんださげの、ゆずりあったけど。
いづまでも、ゆずりあってでもらちあがね。
じさまは心ばきめで、寝床ば出はって、戸口さ行って見たど。
したば、こりゃ、たまげだ。
米俵に、味噌、餅、塩引き。
大判小判が山積みになったけど。
ばさまも、そっと、じさまの後ついできて、これもたまげだ。
二人ぁ、腰ぬかして、声も出ねぐなったけど。
しばらぐして、じさまがやっと、
「ありゃ、地藏様であんめがの」て………。
ばさまも、「んだの、きっと」て………。
二人、顔みあわせっど、仲良く、餅ごっつぉなっけど。
それがら、二人は長者になって、ケンカもすねで、いつまでもしあわせにくらしたっけど。
とっぴんからりん


この笠地蔵、鶴岡出身の友人のアドバイスを受けながら推敲を重ねてきました。方言の文字化は、苦労しますが、友人と話しながら(当然方言で)、ああでもないこうでもないと、あれこれ考えを進めていく作業は、とっても楽しい時間でした。
もし、この「とんと昔(山形の民話)」を、読んで頂いた方で、方言に興味があったり、詳しい方がいらしたら、ご連絡お待ちしています。ヨロシクですm(。。)m

姉妹ブログ「とんと草紙」もあっからよ!http://tontosohshi.n-da.jp/
同じカテゴリー(山形の民話(庄内方言版))の記事
 笠地蔵1 (庄内-方言版) (2007-11-24 10:17)

この記事へのコメント
ほんねず様:おはつです。私の祖母が100歳で健在です。よく小さい頃話してくれた「昔話」の終わりが「とっぴんからりん」でした。ふと、懐かしく思い出しました。祖母は今施設に入ってますが・・。
Posted by とーしろ@北九州 at 2008年06月20日 16:42
とーしろ@北九州 さま、こめんとありがとうございます。
根が不精なもので、最近、昔話の方が手抜きになっていました。これを励みに、またガンバリタイです。
Posted by ほんねず at 2008年06月20日 17:47
とーしろ@北九州 さま、追伸です。
おばぁ様100歳ですか。ご長寿お祝い申し上げます。急に暑くなってきましたので、くれぐれもお大事に(*^^)v
Posted by ほんねず at 2008年06月20日 18:42
ありがとうございます。そういえば、おばあさんの記憶はちょっとしたきっかけで、まともに会話になるほど繋がったり、そうじゃなかったりします。ここまで来たら120歳めざせとか思っちゃいます。
Posted by とーしろ@北九州 at 2008年06月21日 07:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。