2007年11月15日

「やきもち鏡 2 」 (置賜)

 続きはこうだっけ。

 頓吉は殿様に頂いた漆塗りの箱を、大事に家に持ち帰って、仏壇に供えて三年待ったけど。三年目のその日、頓吉は、家の者に仏間に近づいてはならいと申し付けて、夜になると一人仏間に入って、あの漆塗りの箱のふたをそっと開けて見だっけど。
 そしたら、ビックリ、本当に頓吉の父親の顔が、その箱の中にいだっけど。頓吉は思わず、嬉しくて笑いがこぼれだっけど。そうしたら、箱の中の父親も、同じように笑っているではないか。そのうち、父親が亡くなった悲しみがこみ上げできて、頓吉は思わず泪が流れてきたっけど。そうすると、また、箱の中の父親も、同じように泪を流しているではないか。頓吉は不思議でならなくて、さすがは、殿様のご褒美のことだけはあると思って、知らずに、箱の中に父親に手を合わせて蓋を閉め、また仏壇にお供えしておったど。
 そして、そんなことが七晩続いたっけど。
 七晩も頓吉が夜になると仏間にこもるのは何故か? 頓吉の女将さんが怪しみ出すのも当然だ。女将さんは、これは怪しいと言うので、頓吉が留守の昼間に、仏間に入り、あの漆塗りの箱の蓋を開けてみたっけど。そうしたら、箱の中には、見た事もない美人の女の人がいだっけど。女将さんは、頓吉が自分に内緒で、毎晩、この女と浮気していたのだと思い込んで、頓吉が帰ってきたところで、悋気の火花を頓吉にぶつけだっけど。
 頓吉は身に覚えのない女将さんの悋気に当惑して、言い訳がましく、亡くなった父親に親孝行しているだけだと、話をしたんだど。
 それでも、そんなことは女将さんには信じられない。見え透いた嘘だろうと、さらに怒りをあらわにして、頓吉を引っ掻いたりぶったりして、なかなか治まる気配がない。
 そこでしかたなく頓吉は、女将さんと一緒に仏間に入り、漆塗りの箱の蓋を開けて見だっけど。すると、そこには夫婦の顔が映っていたのだけれど、女将さんは興奮していたためか、女の人の顔が自分の顔であることに気づかずに、頓吉を押し倒してぶち続けだけど。
頓吉はたまらず、ほれよーく見てみろ。ここには俺の父親が映っているだけだ、と言って、女将さんに、箱を向けたのだが、そこには女将さんの顔が映っていたっけのよ。
 頓吉は、はっとして、ようやく殿様の頓知に気がついで、「まてまて」と、女将さんを何とかなだめて、殿様の頓知のわけを話してきかせだっけど。
「ほら見で見ろ。ここに映っている美人は、お前の顔ではないか」と、頓吉が女将さんに言うと、女将さんは顔を真っ赤にして、恥ずかしながら、頓吉に抱きついて、その晩は、夫婦仲良く、同じ布団に入って寝だっけど。
 それから、その漆の箱は、頓吉の家の大事な家宝として、代々、大事に受け継がれていったと言うことじゃ。
   とんぴん、さんすけねぇっけど。


姉妹ブログ「とんと草紙」もあっからよ!http://tontosohshi.n-da.jp/
同じカテゴリー(トンチ話)の記事
 「やきもち鏡 1 」 (置賜) (2007-11-15 09:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。