スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2008年01月21日

サバ缶とゴボウの卵とじ



サバ缶とゴボウの卵とじです。
いま、ゴボウが美味しいです。
何と取り合わせようかと、食器棚を
見ましたら、サバ缶がありましたので
組み合わせて見ました。
生姜もたっぷりいれ、香りを揚げる工夫もして見ました。  


Posted by ほんねず at 18:16Comments(4)懐かしくってホッとする味

2008年01月21日

「はんつけ半次郎」第三回(あるあわて者の話)村山方言版

第三回

半次郎は自分のはんつけさが腹立ってきて、ごしゃぎながら家さ帰ってきた。
おがちゃは、ちょうど裏の川で鍋洗いしったけど。天気もいいし、おがちゃは鼻歌歌いながら鍋洗いしてる。ほいずば見つけだ「はんつけ半次郎」は、自分が遭ったさんざんなめのごどもしゃねで、呑気に歌うたっているおがちゃば見で、腹の虫がおさまらねぐなってしかたね。ほこで、後ろからぬきあしさしあし、そっと近づき、おかちゃの背中ば、思いっきり手で押したけっど。
おがちゃは不意をつかれて、思わず川の中さどんぶりとはまってしまって、「助けでけろ」って大声でさなっていだけど。
ほの声ば聞いだ半次郎は、なんか変だぞ。おらいの家のおがちゃの声にしては、ずいぶん若い気がする。あれっていうごどで、川さはまっている女ば見っど、あれまぁ、隣の家の嫁子であった。
半次郎はきまり悪くて、隣の嫁子ばほっておいで、さっさど家さはいって布団かぶって寝でしまったけど。
(とんだ、はんつけしてしまったもんだ。明日の朝、一番に隣の家さいって、あやまらんなねな、こりゃ)って、布団のなかがでおもったけど。
次の朝、半次郎が目ばさましたけど。
半次郎も自分のはんつけにあきれるほだっけげんとも、まず、隣さいってあやまらんなべな。ほしたら、顔洗ってがらが、って、裏の川さいってみだれば、あんばいよぐ、隣の嫁子、洗濯しったけど。
半次郎は「きんなはどうもすまねごどしてしまったけなっす。どうが勘弁してもらわんねべが、って、土下座して、額ばつちさこすりつけあやまったけど。
ほうすっど、隣の嫁子、クスクス笑っていだっけど。
何か変だぞ。
半次郎はそっと頭ばあげで、嫁子ばみっずど、その人は、自分の家のおがちゃだけど。
まんず、半次郎のはんつけは、当分、直らね。いやぁ~、一生直らねがもすんえど、本人も、家の人だも、あきらめだっけどは………
           どんびん、さんすけ、ねぇっけど  おしまい
  


Posted by ほんねず at 09:23Comments(0)笑い話