2007年12月29日

貝尽くし

1.帆立の肝の酢もの
  肝を外し、生酢に15分ぐらいつけ、出汁で洗って、胡瓜とラッキョとで、三杯酢で頂きました。
  臭みも無く、肝独特の濃くとラッキョの歯ざわりが絶妙のバランスでした。


2、帆立の紐
  紐とベロをかるく湯通しして、冷ましてからおろし生姜と醤油で和えました。


3.刺身
 山葵を利かせて頂きました。
 甘みがあって深い海の味がしました。


4.蛤の酒蒸し
 出汁がこくがあって、身も柔らかく、それでいて歯ごたえがあって、
 食感が新鮮さをよく表していました。


本当にご馳走様でした。
寿命が3年延びたような、満足感です。
本当に幸せものです。  


Posted by ほんねず at 03:40Comments(4)懐かしくってホッとする味