スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2007年12月15日

魚づくしの忘年会



「イカそうめん」ならぬ「イカうどん」です。
包丁のせいではなくて、腕の問題だべな。
今の時期、なにイカなんだがわがんねげんとも、
庄内の友達かがとどげでけよ、
急遽、近所の年寄りに集まってもらって、
忘年会になったけっす。  続きを読む


Posted by ほんねず at 06:21Comments(2)懐かしくってホッとする味

2007年12月15日

雪女房 2 (村山-方言版)

第二回

ほして、吹雪はいく日もいく日もつづいだっけど。
おなごも、ただでそういく晩も泊めでもらうわげいがねがらっていって、炊事、洗濯、炭焼きの身の回り世話したけっど。
炭焼きは、おなごのあんまりの美しさ、気立てのよさに、すっかり惚れこんでしまって、ある晩、二人は、深い情ばかわす仲になっちまったけど。
炭焼きの仕事は重労働だ。山から木ば切り出し、長さばそろえ、釜入れして、三日三晩、火たきつづけ、五日目に釜出しして、かますさ詰めで、ふもどの村の炭やさおさめらんなね。
家事ばおなごさまかせるごどできっど、炭焼きのはがいぐごとといったら、こりゃ格別だ。
炭焼きは、ここで一考えおこして、おなごさ、思い切って、わ(我)の嫁っ子になってもらわんねべがっていったけど。
おなごは、最初、顔かがやさせで、嬉しそうにしたっけげんとも、すぐ顔ば曇らせで、下ばむいでなにもいわねっけど。
炭焼きはおなごの様子ばみで、なにか事情があることばさっして、それ以上、ほの話すねっけど。
ほんでも二人は、それがらも仲いぐ暮らしたけっど。
幸せなときはまたたくまにすぎで、山の気配も冬から春の気配が、少しずつ近づいできたけっど。
ほうすっど、おなごは何となくそわそわして、落ち着きがなくなり、体のあんばいも悪ぐなってきたっけど。
すみやきは、冬のあいだじゅう、かげひなたなく稼いでけだから、疲れたまったんだべていって、少し休んでよ、養生ばすすめだっけど。
しばらぐおなごは炭焼きの優しさに甘えて、養生したっけど。
まわりの山は雪もとけで、春の兆しが日に日に近づいてきたっけど。
炭焼きは、おなごば心配だっけげんとも、焼き上げだ炭ば、雪のあるうちにふもとさ運ばんなねがら、二三日、留守にする、とにかく体が一番だがら、おどなしく養生してでけろっていって、出かけだっけど。
炭焼きは、ふもとの村の炭やさ炭おさめっど、わらわらど小屋さもどってきたっけど。
ほしたら、おなごの姿はどごにも見えねっけど。
炭焼きは、気がふれだみだいに、おなごば探して、山から山、沢から沢、ほんてんくまなぐ探したげんとも、おなごはみつからねっけど。
山の木の芽はふくらみ、日脚ものびできて、ずいぶんあったかぐなっていだっけど。
炭焼きは、おなごのごどで一つ思い出したごどあったけど。
おなごは、けして火のそばさはよらねっけな、なんでだべ?
炭焼きは、もう、身も心もすっかり腑抜けになっちまって、ままもろくに食わねで、もちろん炭焼きすねぐなったけど。
ふもとの村衆がしんぱいして、たずねでくっこどもあったげんとも、ほいでもさっぱりだっけど。
あるひ、村衆が、またたずねでみだどきのことだっけど。
炭焼きは、釜さ火ばへっで、仕事にかがったけど。村衆もこれで一安心と思ったけど。
ほんでもいつまでまっても炭焼きは、炭ばおさめに村さくっこどなかったけど。
村衆は、あの炭焼きは、釜さ自分で入って自害したんであめがて、噂したっけど。

ほれっ………どんぴんさんすけねぇっけどぉ。
  


Posted by ほんねず at 05:49Comments(0)怖い話