2007年11月19日

「やきもち鏡」 (置賜-準標準語版)

「やきもち鏡」 (置賜-準標準語版)

おばちゃん、おばぁちゃん、とんと昔、お話しして。
子供の声が寝室から聞こえてきた。
今夜もおばちゃんは孫にとんと昔を語り継ぐ。
こうして、何百年も人の心のありようが受け継がれていくんだろう。

設定:祖母/よし子  孫:剛志(小4)

剛志、「とんち」って知っている。
ん、「この橋わたるべからず。」でしょう
 一休さんだね。
この前、おばぁちゃんがお話ししてくれたじゃない。
そうだっけ!
なんだ、忘れちゃったの?
おぼえているよ!
ほんとかな?
うるさいよ。男の子はこまかいことは気にしない。

………間………


 むかし、こんなお話がありました。
 ある村に「とんち」好きのお殿様がいました。お殿様は、毎年、「とんち祭り」ひらいていて、今年もみょうな問題を出しました。その問題と言うのはよ、「灰で縄をなってみろ」というもだったの。
 ところが、このお殿様に、さらに輪をかけたような「とんち好き」の百姓がいました。名前は頓吉《とんきち》と言います。
 頓吉は、いく晩も考えつづけて、「とんち祭り」の日に、お殿様のまえに進みでて、鉄鍋を献上しました。その鍋のなかには、見事な灰でできた縄がはいっていました。
 お殿様はその灰でできた縄を見てビックリしてしまって、腰を抜かしたほどでした。
お殿様は、頓吉にどんな方法でこの縄を作ったのか聞きました。
 頓吉は胸をはってさも自慢げに話をしたの。
「ほいずぁ、じょさね(簡単)なごどだ。ふつうに縄ばなってから、鍋にぶっ込んで火ばつけで灰にしただけだず」
「ほう、そうであったか。頓吉、いつもながら見事なとんちである。ほめてとらす。褒美をつかわそう。望みのものを申せ。」
「へぃ。」と、頓吉はしばらく考え込んでから、お殿様にこう申し上げたのよ。
「あの、殿様、おら、物はいらね。ただ、去年亡くなった親爺にも一度会って、親孝行の真似ごとがしたいと思いやす。」
 お殿様はその望みを聞いてしばらく考え込んでから、頓吉に言いました。
「頓吉、お前の孝行心には、頭が下がるの。まさしくわが領民の鏡である。お前の望みをかなえてやろう。」と、ご機嫌でした。
「へぃ、さすがは殿様。ありがたいことで。」頓吉はお殿様にお辞儀をしていたの。
「これをつかわす。」と、お殿様が、漆塗りの立派な箱を下さった。そしてこう言い足した。
「そうじゃの、これから三年の後、この箱を開けてはならぬ。そして、三年たったら中を覗いてみよ。さすれば、そこにお前の父親が必ずいる。必ずにな。ただしその箱を開けるときは、部屋には誰も入れずに、お前一人で開けることに限るぞ。さもなければ、父親はたちまち消えてしまうからな。」と、念押しをして、渡してよこしたんだって。

………間………

 頓吉はお殿様にいただいた漆塗りの箱を、大事に家に持ち帰って、仏壇に供えて三年待ったの。三年目のその日、頓吉は、家のものに仏間に近づいてはならいと申しつけて、夜になると一人仏間に入って、あの漆塗りの箱のふたをそっと開けて見たのよ。
 そしたら、ビックリ、本当に頓吉の父親の顔が、その箱の中にいたんだって。頓吉は思わず、嬉しくて笑いがこぼれたわ。そうしたら、箱の中の父親も、同じように笑っているんだって。そのうち、父親が亡くなった悲しみがこみ上げできて、頓吉は思わず泪が流れてきたの。そうすると、また、箱の中の父親も、同じように泪を流していたのね。頓吉は不思議でならなくて、さすがは、お殿様のご褒美のことだけはあると思って、知らずに、箱の中に父親に手を合わせて蓋を閉め、また仏壇にお供えしていたんだって。
 そして、そんなことが七晩続いたのね。
 七晩も頓吉が夜になると仏間にこもるのは何故か? 頓吉の女房が怪しみ出すのも当然だわ。女房は、これは怪しいと言うので、頓吉が留守の昼間に、仏間に入り、あの漆塗りの箱のふたを開けてみたの。そうしたら、箱の中には、見た事もない美人の女の人がいたんだって。女房は、頓吉が自分に内緒で、毎晩、この女と浮気していたのだと思い込んで、頓吉が帰ってきたところで、やきもちの火花を頓吉にぶつけんだって。
 頓吉は身に覚えのない女房のやきもちに当惑して、言い訳がましく、亡くなった父親に親孝行しているだけだと、話をしたの。
 それでも、そんなことは女房には信じられない。見え透いた嘘だろうと、さらに怒りをあらわにして、頓吉を引っ掻いたりぶったりして、なかなか治まる気配がない。
 そこでしかたなく頓吉は、女房と一緒に仏間に入り、漆塗りの箱の蓋を開けて見せたのね。すると、そこには夫婦の顔が映っていたのだけれど、女房は興奮していたためか、女の人の顔が自分の顔であることに気づかずに、頓吉を押し倒してぶち続けたんだって。
頓吉はたまらず、「ほれよーく見てみろ。ここには俺の父親が映っているだけだ。」と言って、女房に、箱を向けたのだが、そこには女房の顔が映っていたのね。
 頓吉は、はっとして、ようやくお殿様のとんちに気がついで、「まてまて」と、女房を何とかなだめて、お殿様のとんちのわけを話してきかせたんだって。
「ほら見で見ろ。ここに映っている美人は、お前の顔ではないか」と、頓吉が女房に言うと、女房は顔を真っ赤にして、恥ずかしながら、頓吉に抱きついて、その晩は、夫婦仲良く、同じ布団に入って寝たんだって。
 それから、その漆の箱は、頓吉の家の大事な家宝として、代々、大事に受け継がれていったんだって。
   とんぴん、さんすけねぇっけど。
  


2007年11月19日

「見えない織物」 (置賜-準方言版)

「見えない織物」 (置賜-準方言版)

   設定:祖母/よし子  孫:剛志(小4)

ばんちゃん、ばんちゃん、とんと昔、とんと昔、語ってけろ。
おぼこだの声が寝床から聞こえできだ。
今夜もばんちゃんは孫にとんと昔を語り継ぐ。
こうして、何百年も人の心ありようが受け継がれていぐんだべな。

むがし、あったけど。あのよ、剛志、年貢ってわがっか?
しゃね!
んだが、昔、村は殿様のもので、毎年、田で米作っど、半分以上、お城さ納めらんなねくてよ、まんず、米ば作った百姓、んだご先祖様だぢはよ、自分だぢでは、米ば食んねがったんだず。
んじゃ、なに食ったけの。
んだね、なに食ったんだっけべね。
餅。餅食ったっけよ。
アハハッ。んだがや。餅食ったっけが。
ほんねっけの?
ほんねがもすんね。
………
いいが、話の続きして…
ん!
その、お城さ納める米のごとば「年貢」って言うんだけど。
年貢……がぁ
んだ。んでも、ある年の夏、冷たい風吹で、米が取れね年あったけど。
お城さ納める年貢もねくて、村の衆も困ってはよ、みな青い顔して頭かかえだっけど。
ほのどぎよ、お城から使い来て、米ねければ、金、三十両納めよっていう命令だっけど。
ありゃ、ほだなごど無理だべしたん。
んだね。無理な話だ。庄屋様のどごでも、ほだな貯えねぇっけど。
三十両が。もし三十両払わんねんごんたらどうなる?
んだね。ただではすまねべな。
ほんじゃ、なじょしても何とがさんなねのが。
ほんでもよ、ほさよ、ある男が名乗りば上げだっけど。まだ若いげんとも、面構えはふてぶてしく、すこしずるそうで、ニヤニヤ笑いを浮かべでいたっけど。
誰だぁ。その人。
悟介さんっていうてな、村一番の知恵ものだ。
悟介さんってが。
んだ。悟介さんは、村の衆ば前にして胸はって、「おれさ任せろ」 って言うたけど。ほして、つんぎの朝、一人でお城さ出がげでいったけど。
お城さついだ悟介さんは、門番さ年貢ば持って来たがら、殿様さ取り次ぐように頼んだけど。
では、というごどでお城の広い庭さ通さだっけど。
最初に出てきたのは、役人。
「その方、年貢を持ってきたと言うが、どこさある。どこさもないではないか。」
「いえいえ、ちゃんとここにござります」 って言うど、風呂敷包みば出したっけど。
「これが、年貢じゃと。」
「へぃ。これは、山のウグイスの声を縦糸に、野原のマツムシの声を横糸にして織り上げました、世にも珍しい綾織でござりやす。」
「どれどれ、ほだな織物どごさある。」
「へぃ、こごさ。」って、風呂敷ば見せだけど。
役人は目ば皿にして見だげんとも、織物なぞ何もねぇ。
「こらっ、何にもなねぇぞ。へだなずほ(嘘)こぐど、ただではすまぬ。そこになおれ。」 ってごしゃいだっけど。
ほんでも、悟介さんは平気の平左。
「お役人、この織物見えのがっす。んだらば、あんたの心と目はどうも曇っているようだなっす。」
「なにを、百姓の分際でわしを愚弄すとは…… そのままでは捨て置かぬ」 って、顔ば真っ赤にして頭から湯気あがったけど。
悟介さんは、ほんでも、涼しい顔してこう言ったけど。
「お役人様、その短気が邪魔して、世の中のごとも、この織物のことも何も見えねんであんめが。そもそも、この織物は、心清く正き者にしか見えぇものでよっす。」 って、言ったけど。
「なにおっ! そのような悪口雑言、許さぬ。首をはねてくれる。」 って、役人は刀ばぬいで、上段に構えだどぎだ、「まてまて」 って、止める人いだけど。
その人ぁ、殿様だっけど。
「騒ぎのわけを聞こう。」 って、殿様言ったけど。
役人がかくかくしかしかって、わけば話けど。
殿様は「うんうん」とうなずきながら聞いだけど。
話ば聞き終わった殿様は、「どれどれ」 って、悟介さんの前さしゃがみこんで風呂敷ば持って開いで見だけど。
ほうすっど、殿様ニコニコ笑って、「その方が、悟介と申すか。それにしても、見事な織物であるな。七色に光って、こするとウグイスとマツムシの声聞こえる。」 って、言ったけど。
「ほーっ、さすがはお殿様だねっす。この織物の美しさがお分かりいただけるとは」
「おう、分かるぞ、このような美しい織物は世も初めてじゃ」
「お殿様のお心は、まさに清く正しくござる」
悟介さんは下むいで、ベロば出してニンマリしたっけど。
殿様は、「左様か、わしの心は清く正しいかの?」
[この織物が、殿様の目にはちゃんと見えておられることが、何よりの証拠でござります。]
「これ悟介、この綾織を年貢の代わりに納めたいと申すのだな」
「へい、今年の夏は冷害だっけもんだがらねっす、村の衆も年貢のこどですっかり頭抱えでいでよ、ほんで、おらが村ば代表して、殿様さ、年貢の代わりに、世にも珍しい綾織ばもってきだどごよっす。なんたべね、殿様、この綾織で年貢の代わりにしてもらわんねべが。」 って、悟介さんは言ったけど。
「ほう、それで、この綾織の値はいかほどであるか?」
「んだね、この綾織ば織るのには、十年、山さ籠もったがらねっす。十年分の値となると三十両もらうべがね。」
「三十両か、安いの。ちょうど村に申し付けた年貢の値じゃな。それでは、手間賃として、さらにそちに十両をつかわそう。それでどうじゃ。」
「はっ、はぁ~。」 って、悟介さんは、お辞儀ば何回もしたっけど。
悟介さんは、年貢ば無事納めだほかに、十両ば懐にして、村さ帰ったけど。村の衆は大喜び! 祭りばひらいで、みんなでお祝いしたっけど。
お城では、殿様が天守閣から、祭りの様子ば眺めで、ニコニコ笑っていだっけど。
どんぴんさんすけ かっぱの屁
  


Posted by ほんねず at 11:58Comments(0)山形の民話(置賜方言版)