スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2007年11月14日

阿古耶姫 4 」 (村山)

ばんちゃん、つづきはどうなんの?
ほんでば昨日なのつづきだよ
その晩、阿古耶(あこや)姫が床さついだ。んでも左衛門太郎のことが心配で寝付がんね。ほだげど、ろくすっぽ食わねで、毎日眠らんねっけがら、もう体の方はへとへとにくたびっででいたっけど。んだがらだべが、ほういずあしゃあねげんとも、姫は床の中で、ついうとうとど眠ってしまたけど。ほうすっど不思議だね。姫は夢ばみだんど。でも、姫は夢どは思わねべしたん。
んだ、やつれ果てた姫の枕許さ、あの左衛門太郎が立って、笛吹いでいだっけど。姫は夢うつつで聞いだけど。左衛門太郎は、ふと笛を吹くのを止めると、姫の枕許にしゃがみこんで声かげだけど。
「姫、姫、私でござる、左衛門太郎でござります。」
「あっ!」 姫がハッとして気づいた。
「左衛門太郎様、お逢いしとうございました。」
「私も……」
二人はひしと抱き合った。まるで、時も止まったがど思われだけど。風も川の流れも、虫の声さえもぴたっと止まった。
やがて、左衛門太郎が姫を胸に抱いたまま、静かに語り出した。
「姫、私は姫に嘘をついておりました。私は名取の左衛門太郎ではないのです。私は、本当は隣の国、最上の千歳山の頂に生える「松の精」でございます。あの時、姫のお琴の音が、はるか峠を越えて千歳山の頂まで届き、その妙なる音色に誘われるまま、姫と出逢ってしまったのです。そして、私が姫についた嘘を、天が咎められました。松の精と言うこの世のものではない私が、姫を愛してしまった罪を問われたのかもしれません。そのためか、この度の嵐で流された、名取川の大橋の用材として、私は伐採されてしまったのです。」
「………」 姫様は松の精の胸の中でわなわな震えながら聞いていだけど。
「ただ、あのように切られたまま千歳山を離れ、名取橋の用材になれば、死んで姫のおそば近くまでやってこれますが、二度と左衛門太郎としては逢うことがかないません。されど、このまま千歳山にとどまっては、名取川に橋はかかりません。私は進退窮まりましてございます。それで思い余って、姫に最期のおめもじをと思い、まかり出たのでございます。」
左衛門太郎、いや、松の精の話を聞き終えた姫は、もう泣いてはいなかった。そして、姫は意外にも気丈に左衛門太郎の顔を見つめながら言ったけど。
「左衛門太郎、いや、松の精殿、私と二世の契りを交わした気持ちには偽りはありませんか?」
「はい、それは命に代えて偽りはございません。だから、こうして………。」
「そう、松の精殿のご誠実は、あの笛の音にようあらわれおりまする。私はあなたを心から信じています。」
「嬉しゅうござる。しかし、姫の行く末を考えると、私は胸がつぶれてしまいます。どうぞ、もはや、私のことはお忘れいただき、姫にはぜがひにも幸せになってほしいと思います。ただ、このことだけをお伝えできれば、私は思い残すことはありません。もう直ぐ夜明けです。おいとまを頂かなければなりません。それでは、お名残惜しくはありますが、さらばでござる。」 って、松の精が言うずど、姫の枕許から消だっけど。
姫が、朝になって目ば覚ますどすぐ、父親の豊充卿の前へすすみ、夕べの出来事をつまびらかに語り、その上で、父親にいとまを請うったけど。

……間……

姫はすぐに旅支度を整えると、最上の国へ旅立ったけど。峠の山道は、女の足ではさぞ難儀だと思われるのだが、気丈に姫は歩き続けたけど。翌日の夕方頃には千歳山のふもとに着いたけど。夕日に映える千歳山は、この世の美しさとは思えないほどであったけど。
次の朝、姫が千歳山の頂に上ると、ほさは、松の老大木が無惨に切り倒されていだっけど。
姫は切り倒された大木の前に、簡単な祭壇を作り、そこに座り、心を込めてお経を唱え初めだど。ほうすっど、あれま、松の老大木が、一瞬、身震いしたみでに見えだけっど。
してがら、皆の衆が力ば合わせで、松の木ひっぱたれば、びくとも動かねっけのが、嘘みでぃにすっすっど、動き始めだど。ほして、名取川さは立派な大橋が出来だっけど。
阿古耶(あこや)姫は、千歳山の頂さちっちゃい庵ば建てで、一生そこで松の精の菩提を弔い続けだっけど。
   どんぴん さんすけ おしまい
  続きを読む


Posted by ほんねず at 15:11Comments(0)山形の民話(村山方言版)

2007年11月14日

「見えない織物」 (置賜・標準語版)

おばあちゃん、おばあちゃん、とんと昔、とんと昔、お話して。
子供たちの声が子供部屋のベッドから聞こえてきた。
今夜もおばちゃんは孫にとんと昔を語り継ぐ。
こうして、何百年も人の心のありようが受け継がれていくのでしょう。

  設定:おばぁちゃんと、孫のさくら(小3)のとんと昔語り


むがし、むかしのお話です。
あの、さくら、年貢って分かる?
わからない!
そう、昔、村は大名と言う殿様が治めていたのね。それで、毎年、田圃で作った米は、半分以上、お城に納めなければならなかったのよ。だから、米を作っていた百姓さんたち、そうだね、さくらのご先祖様たちは、自分達では、米を口にすることはできなかったのよ。
それじゃ、なにを食べていたの。
そうだね、なにを食べていたんでしょうね。
餅。お餅かな。
アハハッ。そうだね。さくらは餅が大好きだものね。
違うの?
違うかも…。
……… さくらがおばあちゃんの顔をのぞき込んでいました
いい、話の続きをしても… おばあちゃんがさくらを見て、にっこり笑っていました。
うん、お願い!
その、お城に納める米のことを「年貢」って言ったのよ。
年貢……年貢って言うんだ。
そう。でも、ある年の夏、冷たい風が吹いて、米が取れない年があったのよ。
お城に納める年貢もなくてね、村の人たちも困り果てて、みんな青い顔して頭をかえてしまっていたのよ。
そんなとき、お城から使いが来て、米がなければ、代わりに、お金で三十両納めよっという命令をしたのよ。
えっ、そんなこと無理な命令だわ。
そうね。無理な話よね。庄屋様のところにも、そんな貯えはないし。
三十両か。もし、三十両払えなかったらどうなるの?
そうね。ただではすまないでしょうね。
それじゃ、どんなことしても何としなければならないのね。
でも、捨てる神あれば拾う神ありっていう、古いことわざがあるけど、ちょうど、そこに、ある男が名乗りを上げたのよ。面構えはふてぶてしく、すこしずるそうで、ニヤニヤ笑いを浮かべでいたぐらい。
誰? その人。
悟介さんって言う人で、村一番の知恵者って言う評判があった人よ。
悟介さん?
そう、悟介さんは、村の人たちを前にして胸をはって、「おれに任せろ」 って言ったのよ。そして、次の朝、一人でお城に出掛けていったんだって。
お城についた悟介さんは、門番に年貢を持って来たから、お殿様に取り次でくれるように頼んだのよ。
では、というこどでお城の広い庭に通されました。
最初に出てきたのは、お役人。
「その方、年貢を持ってきたと言うが、どこにある。どこにもないではないか。」
「いえいえ、ちゃんとここにござります」 って言うと、悟介さんは風呂敷包みを、お役人に差し出したのよ。
「これが、年貢じゃと。」
「へぃ。これは、山のウグイスの声を縦糸に、野原のマツムシの声を横糸にして織り上げました、世にも珍しい綾織でござります。」
「どれどれ、そんな織物はどごにある。」
「へぃ、ここに。」って、風呂敷をほどいて見せたのね。
役人は目を皿にして見つめたけれども、織物なんてどこにもなかったわ。
「こらっ、何にもないぞ。下手な嘘を言うと、ただではすまぬ。そこになおれ。」 って怒ってしまったわ。
それでも、悟介さんは平気の平左。
「お役人、この織物が見えないのですか。もしかして、あなたの目と心はどうも曇っているのではないでしょうか。」
「なにを、百姓の分際で役人を愚弄すとは…… そのままでは捨て置かぬ」 って、顔を真っ赤にして頭から湯気をあげてしまったの。
悟介さんは、それでも、涼しい顔をしてこう言ったの。
「お役人様、その短気が邪魔をして、世の中のことも、この織物のことも、何も見えていないんじゃない。そもそも、この織物は、心清く正き者にしか見ないものなんでよ。」 って、言ったのよ。
「なにおっ! そのような悪口雑言、許さぬ。首をはねてくれる。」 って、お役人は刀をぬいて、上段に構え今にもと言うとき、「まてまて」 って、止める人がいたの。
その人は、お城のお殿様だったのよ。
「騒ぎのわけを聞こう。」 って、お殿様が言うと、役人がかくかくしかしかって、わけを話した。
殿様は「うんうん」とうなずきながら聞いていたの。
話を聞き終わった殿様は、「どれどれ」 って、悟介さんの前にしゃがみこんで風呂敷を持って開いて見たの。
すると、殿様はニコニコ笑って、「その方が、悟介と申すか。それにしても、見事な織物であるな。七色に光って、こするとウグイスとマツムシの声が聞こえる。」 って、言ったの。
「ほーっ、さすがはお殿様だね。この織物の美しさがお分かりになるとは」
「おう、分かるぞ、このような美しい織物は世も初めてじゃ」
「お殿様のお心は、まさに清く正しくござる」
悟介さんは下をむいて、舌を出してにんまりしていたって。悟介さんって、ほんとに、度胸があったのよね。あのね、世の中には「悪知恵」と「方便」という二種類の嘘が歩けど、悟介さんのどっちだったのかしらね?
殿様は、「左様か、わしの心は清く正しいかの?」
[この織物が、殿様の目にはちゃんと見えておられることが、何よりの証拠でござります。]
「これ悟介、この綾織を年貢の代わりに納めたいと申すのだな」
「へい、今年の夏は冷害だったので、村のみんなも年貢のこどですっかり頭抱えています。それで、私が村を代表して、お殿様に、年貢の代わりに、世にも珍しい綾織を献上に上がったわけです。どうでしょう、お殿様、この綾織で年貢の代わりにしいただけないでしょか。」 って、悟介さんは言ったの。
「ほう、それで、この綾織の値はいかほどであるか?」
「そうですね、この綾織を織るのには、十年、山に籠もって、苦労に苦労を重ねました。だから、十年分の値となると三十両もいただければ。」
「三十両か、安いの。ちょうど村に申し付けた年貢の値じゃな。それでは、手間賃として、さらにそちに十両をつかわそう。それでどうじゃ。」
「はっ、はぁ~。」 って、悟介さんは、お辞儀お何回もして、手間賃の十両を押し頂いたのよ。
悟介さんは、年貢を無事納めだほかに、十両を懐にして、村に帰っきたんだって。村のみんなは大喜び! 祭りをひらいで、みんなでお祝いをしたの。
お城では、殿様が天守閣から、祭りの様子を眺めで、ニコニコ笑っていましたとさ。
      どんぴんさんすけ かっぱの屁
  続きを読む


Posted by ほんねず at 08:12Comments(0)山形の民話(標準語版)